■プロフィール

しんぷるわーど

Author:しんぷるわーど
No Limit. No Idea.



2005/02~2008/09まではこちら→Run Through the Turf

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■twitter

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
言葉がありません
7/24(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700
3着 マイネフェリックス 1.47.1(0.3差) 38.5 474Kg -2Kg 1人気

丹内騎手「前回と同じで前を捕らえられないのが分からない。直線入口で相手に並んでいくと手応えがあらあらになってしまうが、バテている感じもない。状態も悪くなかった。勝ったときのように逃げてしまった方が良いのだろうか」




百歩譲って勝ち馬にはうまく乗られたとしよう(実際、好位差しとしては内枠もあって理想的な形)。でも、二度続けて逃げ馬を後続から守るような乗り方はアカン。しかも1角手前で手を動かして位置を取りに行っといて。力の無い馬だったり、逃げ馬に楽させても勝つんなら誰も文句言わんけど、人気馬乗って蓋されたら後ろの騎手はたまったもんじゃない。
 

スポンサーサイト
マイネフェリックス | 21:19:00 | コメント(2)
臆するな
枠順確定:
7/24(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700
6枠8番 マイネフェリックス 55.0 丹内祐次

ブック短評:先行力は魅力
村上厩務員:攻め駆けしないので動きは目立たないが、変わらずデキはいいですよ。再度牝馬限定戦だし、好結果を期待。




真ん中あたりの枠だけど、当面の相手であろうヤマニンは外なので悪くない。

内の三浦と武豊、外の藤田。出方次第という面はあるけど、1角をどう回るか。小倉の過ちを繰り返すことはないだろうけど、簡単な話ではない。

それでも、力負けする相手ではないはず。自信を持って乗ればいい。




……なんて言ってるこっちが既に緊張気味な訳だけど(笑)
 

マイネフェリックス | 12:22:54 | コメント(0)
あっちも、こっちも
マイネフェリックスは、24日(日)、函館7R・牝馬限定・ダート1700mに出走します。20日(水)の追い切りはウッドコースで68秒をマーク。騎乗した丹内騎手は「普段はブリンカーを着けていないので、ふわふわしているのはいつものこと。稽古だけでは状態の判断が難しいタイプだが、いい意味で平行線だと感じている。ブリンカーを着用すればスイッチが入るので、いい競馬ができるはず。今度は勝ちたいと思う」とコメントしていました。




重賞もそりゃ大事だけど、こういう平場のチャンスはきっちり拾っていくことが重要だと思うんだ。zakzakか何かで函館のうちにあと5勝積み上げたいとか言うてたけど、今週で5勝するくらいのつもりでないと。可能な馬揃ってるんだから。
 


マイネフェリックス | 00:22:52 | コメント(0)
すごく……いい……みたいです
出走予定:
7/24(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700 マイネフェリックス 55.0 丹内祐次


7/17 函W 稍 丹内 57.5-41.7-13.1 (8)馬なり余力
7/20 函W 良 丹内 68.0-52.9-39.1-12.8 (7)馬なり余力 気配抜群
 →キタサンハヤブサ(3歳未勝利)馬なりの内0.6秒追走同入




馬なりとはいえ追走なんて珍しい。ブックは関東のTMが評価甘めに付けるところがあるとはいえ、矢印が右上に向いて気配抜群なんて書かれるくらいだから、終いもモタモタしたところを見せてなかったということじゃないかと。これはなんと言いますか、奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書無用というくらいな感じでしょうか(意味不明)。

こうなると後は相手次第。前に挙げた馬くらいしか強敵はおらんけど。
 

マイネフェリックス | 19:35:38 | コメント(2)
どの口が
マイネフェリックスは、函館競馬場で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。24日(日)の牝馬限定・ダート1700mに向けてペースアップを再開しました。13日(水)の追い切りは終いに重点を置いたもの。跨がった丹内騎手は「久々だった前走の時点で仕上がっていた馬。だから叩いて良くなった感じはないですね。状態は高いレベルのまま安定している。ブリンカーを着けていないからタイムはこの程度でしょうね」と感触を述べていました。




お前が叩いた次は、と言うたんちゃうんかとry

まぁ、それでも勝ち負けできる自信は十分にある。ただ、勝ち切るためには展開一つ必要だろうか。逃げる必要は無いにせよ、内枠引いて楽に行ければ。
 

マイネフェリックス | 09:19:00 | コメント(0)
中間は軽めでおk
7/13 函W 良 丹内 71.9-56.1-41.6-13.4 (6)馬なり余力 軽めの調教で十分




長い休みは取らずに鉾田で乗り込んでいたし、前走でも馬体は仕上がってた。ので、もう中間ビシビシやる必要も無いってところか。来週にピュッとやればピャッと仕上がるでしょ。
 

マイネフェリックス | 19:06:44 | コメント(0)
今からでも相手は絞られる
マイネフェリックスは、函館競馬場に滞在中。レース後も目立った疲れや四肢に不安もなく、騎乗して体調を整えています。田中師は「いつもレースを使うと歩様がゴツゴツするけど、今回も同じくらいで問題ない。中2週で24日の牝馬限定・ダート1700mに向かう予定」と話していました。




牝馬限定戦は時計の壁がはっきりしていて、1分46秒台で走れるかどうか。着順が良くても、この壁が破れない馬はそうそう勝ち負けにまでは加われない。勝ち時計も1.46.3, 1.46.6, 1.46.6とまぁ、とっても安定。

となると、ここまで函館で使った中では古馬に関してはツヨイキモチと、今日休み明けで2着したヤマニンソルファの2頭くらいしか挙がってこない。ツヨイキモチは封じているだけに、叩き2戦目でぶつかるようだとヤマニンソルファが強敵、というか暮れの阪神で実際に先着されているしね。

ま、蓋を開けてみないとメンバーなんてどうなるか判らないけど、この2頭と再度ぶつかるようだと話は簡単ではない。ぶつからないのであれば、強気に行けばあっさりあるで。というか、内枠引いて思い切って先制した方がいいかも。
 

マイネフェリックス | 23:26:05 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。