■プロフィール

しんぷるわーど

Author:しんぷるわーど
No Limit. No Idea.



2005/02~2008/09まではこちら→Run Through the Turf

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■twitter

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続きはついったで
俺たちの旅はこれからだ!

しんぷるわーど先生の次回作にご期待下さい。


-第三部完-
 

スポンサーサイト
オレオレ | 07:00:00 | コメント(0)
言葉がありません
7/24(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700
3着 マイネフェリックス 1.47.1(0.3差) 38.5 474Kg -2Kg 1人気

丹内騎手「前回と同じで前を捕らえられないのが分からない。直線入口で相手に並んでいくと手応えがあらあらになってしまうが、バテている感じもない。状態も悪くなかった。勝ったときのように逃げてしまった方が良いのだろうか」




百歩譲って勝ち馬にはうまく乗られたとしよう(実際、好位差しとしては内枠もあって理想的な形)。でも、二度続けて逃げ馬を後続から守るような乗り方はアカン。しかも1角手前で手を動かして位置を取りに行っといて。力の無い馬だったり、逃げ馬に楽させても勝つんなら誰も文句言わんけど、人気馬乗って蓋されたら後ろの騎手はたまったもんじゃない。
 

マイネフェリックス | 21:19:00 | コメント(2)
臆するな
枠順確定:
7/24(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700
6枠8番 マイネフェリックス 55.0 丹内祐次

ブック短評:先行力は魅力
村上厩務員:攻め駆けしないので動きは目立たないが、変わらずデキはいいですよ。再度牝馬限定戦だし、好結果を期待。




真ん中あたりの枠だけど、当面の相手であろうヤマニンは外なので悪くない。

内の三浦と武豊、外の藤田。出方次第という面はあるけど、1角をどう回るか。小倉の過ちを繰り返すことはないだろうけど、簡単な話ではない。

それでも、力負けする相手ではないはず。自信を持って乗ればいい。




……なんて言ってるこっちが既に緊張気味な訳だけど(笑)
 

マイネフェリックス | 12:22:54 | コメント(0)
あっちも、こっちも
マイネフェリックスは、24日(日)、函館7R・牝馬限定・ダート1700mに出走します。20日(水)の追い切りはウッドコースで68秒をマーク。騎乗した丹内騎手は「普段はブリンカーを着けていないので、ふわふわしているのはいつものこと。稽古だけでは状態の判断が難しいタイプだが、いい意味で平行線だと感じている。ブリンカーを着用すればスイッチが入るので、いい競馬ができるはず。今度は勝ちたいと思う」とコメントしていました。




重賞もそりゃ大事だけど、こういう平場のチャンスはきっちり拾っていくことが重要だと思うんだ。zakzakか何かで函館のうちにあと5勝積み上げたいとか言うてたけど、今週で5勝するくらいのつもりでないと。可能な馬揃ってるんだから。
 


マイネフェリックス | 00:22:52 | コメント(0)
そこが大事
エオルスハルフェの10は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。怪我などのトラブルもなく順調に昼夜放牧を行っている1頭です。以前は物事のちょっとした変化にも敏感に反応することがありましたが、最近は精神的な成長が感じられ落ち着きが出てきたように思えます。どちらかといえばマイペースな性格で、仲間たちとじゃれあうよりも遠くを眺めてゆっくりと自分の時間を過ごしていたいように思えます。父はトニービンの肌馬と相性が良く、同馬もMグートやコスモラピュタのように距離が保ち、渋太く頑張る競馬を見せてくれるでしょう。




>父はトニービンの肌馬と相性が良く

ここ重要です。試験に出ます。
 

エオルスハルフェの10 | 00:07:59 | コメント(2)
すごく……いい……みたいです
出走予定:
7/24(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700 マイネフェリックス 55.0 丹内祐次


7/17 函W 稍 丹内 57.5-41.7-13.1 (8)馬なり余力
7/20 函W 良 丹内 68.0-52.9-39.1-12.8 (7)馬なり余力 気配抜群
 →キタサンハヤブサ(3歳未勝利)馬なりの内0.6秒追走同入




馬なりとはいえ追走なんて珍しい。ブックは関東のTMが評価甘めに付けるところがあるとはいえ、矢印が右上に向いて気配抜群なんて書かれるくらいだから、終いもモタモタしたところを見せてなかったということじゃないかと。これはなんと言いますか、奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書無用というくらいな感じでしょうか(意味不明)。

こうなると後は相手次第。前に挙げた馬くらいしか強敵はおらんけど。
 

マイネフェリックス | 19:35:38 | コメント(2)
bad news
マイネブラッサムは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。左前肢球節の腫れを念のためにレントゲン検査したところ、第一指骨に軽度の剥離骨折が判明しました。吉田師に相談し、そのレントゲン写真を栗東トレセンの診療所に送付して確認してもらったところ、鉾田から近い美浦トレセンで再度検査を行い、その結果次第で見舞金の対象になることとなりました。あす木曜日に美浦トレセンへ移動してレントゲン撮影を行い、すぐに戻る予定。その後北海道へ放牧することになります。




軽いかな、と思っただけにショック倍増 orz

内容見ると3ヶ月の対象になるだろうから……どれくらいになるかなぁ。はぁ。
 

マイネブラッサム(引退) | 19:06:48 | コメント(2)
笑えよ
マイネオーチャードは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間に微熱を持ちやすい左前肢が腱鞘炎のような感じで若干腫れたため、数日ウォーキングマシンによる運動で様子を見ていた時期がありました。幸い症状もすぐに落ち着いたため、18日(月)から再度ハロン20秒ペースでの乗り込みを再開しています。悠長に構えていられる時期ではなく、状態を見ながら再度負荷をかけていきます。馬体重はここ2週間変動がなく454キロ。




はははは、もうどうしようもないわ。


ははははは……


ははは……


はは……


(´・ω・`)
 

マイネオーチャード | 18:53:25 | コメント(0)
どの口が
マイネフェリックスは、函館競馬場で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。24日(日)の牝馬限定・ダート1700mに向けてペースアップを再開しました。13日(水)の追い切りは終いに重点を置いたもの。跨がった丹内騎手は「久々だった前走の時点で仕上がっていた馬。だから叩いて良くなった感じはないですね。状態は高いレベルのまま安定している。ブリンカーを着けていないからタイムはこの程度でしょうね」と感触を述べていました。




お前が叩いた次は、と言うたんちゃうんかとry

まぁ、それでも勝ち負けできる自信は十分にある。ただ、勝ち切るためには展開一つ必要だろうか。逃げる必要は無いにせよ、内枠引いて楽に行ければ。
 

マイネフェリックス | 09:19:00 | コメント(0)
中間は軽めでおk
7/13 函W 良 丹内 71.9-56.1-41.6-13.4 (6)馬なり余力 軽めの調教で十分




長い休みは取らずに鉾田で乗り込んでいたし、前走でも馬体は仕上がってた。ので、もう中間ビシビシやる必要も無いってところか。来週にピュッとやればピャッと仕上がるでしょ。
 

マイネフェリックス | 19:06:44 | コメント(0)
最初は酷かったのかも
マイネブラッサムは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動を行っています。捻挫と見られる左前肢球節の腫れがここにきて小さくなってきました。もうしばらく患部の経過を観察してから坂路入りのタイミングを判断します。




こういう書き方だと、最初はかなりの腫れがあったのかも。でも、これだと軽症で済みそうかな。2週間程度のお休みであれば、リカバリもそんなに時間掛からないだろうし。夏の終わりに再スタートというくらいだと思っておこうか。
 

マイネブラッサム(引退) | 18:59:15 | コメント(0)
夢すら見られない
マイネオーチャードは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター600m3本の運動をしています。現在もハロン20秒ペース。未勝利戦の終了時期が迫っていて、どんどん調教を重ねていきたい一方、左前肢に微熱を持ちやすいところもあるので慎重に乗り進めています。馬体重は1週前と同じ454キロ。さらに筋肉を付け、心肺機能も向上させていきます。




おお……もう……

奇跡の2回どころか、本当に1回使えるのかどうかも怪しくなってきた ><


諦めたらそこで試合終了だよ、とは言いますけれど、試合に出れなきゃその時点で終了な訳で。
 

マイネオーチャード | 18:55:45 | コメント(0)
復帰が待ち遠しい
マイネルゴルトは、ビッグレッドファーム明和で調整中。昼夜放牧を切り上げて先週半ばから調教を開始。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。現在はハロン18秒程度の軽めをじっくり乗って基礎体力を付けているところ。跨った感触では太め感もなく、順調に進めていけそうとのことです。主任は「もたれるような感じはいまのところないが、油断ができないので気をつけていきたい。でもリフレッシュして体調が良さそうですよ」と述べていました。




休んでもおデブになるタイプじゃないし、夏場に弱い訳でもなし。このまま順調なら8月の終わりまでには声が掛かりそうかな。

この秋は、まずはとにかくオープンへ返り咲くこと。そして、暮れの大一番へ。そう、もちろんあのレースです。中日新聞杯です。
 

マイネルゴルト | 19:00:43 | コメント(0)
今からでも相手は絞られる
マイネフェリックスは、函館競馬場に滞在中。レース後も目立った疲れや四肢に不安もなく、騎乗して体調を整えています。田中師は「いつもレースを使うと歩様がゴツゴツするけど、今回も同じくらいで問題ない。中2週で24日の牝馬限定・ダート1700mに向かう予定」と話していました。




牝馬限定戦は時計の壁がはっきりしていて、1分46秒台で走れるかどうか。着順が良くても、この壁が破れない馬はそうそう勝ち負けにまでは加われない。勝ち時計も1.46.3, 1.46.6, 1.46.6とまぁ、とっても安定。

となると、ここまで函館で使った中では古馬に関してはツヨイキモチと、今日休み明けで2着したヤマニンソルファの2頭くらいしか挙がってこない。ツヨイキモチは封じているだけに、叩き2戦目でぶつかるようだとヤマニンソルファが強敵、というか暮れの阪神で実際に先着されているしね。

ま、蓋を開けてみないとメンバーなんてどうなるか判らないけど、この2頭と再度ぶつかるようだと話は簡単ではない。ぶつからないのであれば、強気に行けばあっさりあるで。というか、内枠引いて思い切って先制した方がいいかも。
 

マイネフェリックス | 23:26:05 | コメント(0)
あいたたた
マイネブラッサム


マイネブラッサムは、当初在厩のまま次走を目指す予定でしたが、京都競馬場からの帰厩後に左前肢の捻挫が判明しました。歩様に痛みを見せており、吉田師から「無理できずレースまで間隔が空いてしまうので、いったん鉾田へ出させて欲しい」との申し出がありました。きょう6日(水)の夜にビッグレッドファーム鉾田へ移動します。




使って競馬慣れを、少なくとももう一度京都戦は使っておいてと思っていただけに痛いなぁ。

この後の小倉は適距離が無いからと、ぽじてぃぶに考えるしか。
 

マイネブラッサム(引退) | 00:27:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
時間も仕上げも
マイネオーチャードは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間から騎乗を再開。初日は厩舎周りをなみあしで周回して様子を見て、右肩を始めとした四肢に反動がないのを確認。2日目から坂路に入れて、ハロン20秒程度の軽めキャンターで乗っています。いまのところ歩様も大丈夫なので、様子を見ながら徐々にペースを上げていきます。馬体重は先週から2キロ増の454キロ。




一発勝負にして、拡張チャンスを一度得てそして……なんて糞小説みたいなシナリオを実現する為にも、時間が無いので急がねばならない。その反面、半端な仕上げでは使って終わり。どちらも考慮しなきゃならないので悩ましい。

金銭的にはこのまま損確定となって、4歳馬2頭の税金取り返し役になるんだろう。だけど、心情的には一口初めて一番最初に出資した馬の仔。カレッシュ-フェリックスと比較しても遜色ないくらいに思い入れのある馬だけに、このまま終わってもらっては堪らない気持ちが当然強くて強くて。

と振り返ると、当時からデビュー前に天栄HP行ったり、デビュー戦見に新潟行ったりしてたな。。。そもそもお金が惜しいなら、毎年馬代金と比較にならないくらいの交通費出して競馬場なんてしないって話だ。
 

マイネオーチャード | 23:42:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
全10場踏破
日曜に函館競馬場に行き、やっとJRA10場全て踏破!

しかし、函館競馬場は小さかった。スタンドもJRAの他場と比べても極端に小さい。そして至るところで言われているように、改装したばかりのスタンドは使い勝手が非常に悪い。

直感的にどこから入ればスタンドのどこに繋がっている、というのがまったくもって解からない。1階部分が基本的に無く、入場門やパドックから馬場側に出る為には、馬券を買うには、とにかく2階に上がらないといけない、というのが解かりにくくしている原因だろうと思うけど。馬場側の4角側からスタンドに入ろうとしても、これ入れるんだろうか?という思うような形状だし。改装して客が減ったというのも納得の仕上がりである。松田平田より酷い設計をするところがあったのかと思った。まぁ松田平田が酷いのはパドックの見難さだけど。

もちろん、パドック~はなみち~広い検量室前~馬場の導線なんかは素晴らしいし、パドック席などの試みなどもその意気込みや良し、なんだけど。うーん正直なところ、何度も行きたいという感じじゃないなぁ。


BTW、せっかく重賞に日に行ったんだからと、飲みすぎにマケズと函館スプリントステークスの写真を撮ってみた。

重賞だけ仕事して、それ以外は酷いもんだの池添J。
カレンチャン



前の2頭で決まったと思ったんだけどね。この後、カレンチャンがまとめてバッサリ。強かったわ。アンシェルブルーは何度もフェリックスの併走パートナーをになってくれているので(いつも子ども扱いだけど)、応援してるんだけど重賞にはあと一歩。

テイエムオオタカ・アンシェルブルー
 

競馬 | 01:02:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
ムラ馬だったはずなのに
マイネフェリックス


マイネフェリックスは、3日(日)、函館7Rに出走し、惜しくも2着でした。次走も函館のダート1700mを使う予定です。

@週刊競馬ブック
マイネフェリックス(2着)丹内騎手
 理想通り先行して、道中マイペースで運べたから勝ちパターンだと思ったんですが、差し返されてしまいました。相手の力が一枚上だったということでしょう。

次走へのメモ
 深いブリンカーを着用。細身で歩様も硬めだったが、馬体が増えていたのは好材料。仕掛けて2番手。勝ち馬との一騎打ちで一旦は前に出たが、ゴール寸前で差し返された。理想はハナを切る形かも。




ゲートで遅れることはほとんどないしダッシュ力もあるので包まれずに済む、という意味では外枠は良いのだろうけど、これだけの惜敗っぷりを見るとなんだか最初に脚を使ってる分が最後に響いているような気がしてきた。たまたまかもしれないけど。

Anyway, また次に期待だ。中2週で函館記念の日かな。相手がショボければ牝馬限定に拘らないかもしれないけど。
 

マイネフェリックス | 23:53:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
もう一度使って
マイネブラッサムは、2日(土)、京都5Rでデビューし、6着でした。この後は、中2週で23日(土)京都の芝1600mへ向かう予定です。

@週刊競馬ブック
マイネブラッサム(6着)ピンナ騎手
 落ち着きがあって、いい馬だなと感じた。新馬戦だから、次回以降で走ることが嫌にならないよう、前半からしごいて、しごいてというレースはさせなかったが、終いはしっかりと伸びている。距離はもっとあっても良さそう。すぐにチャンスがあるよ。

次走へのメモ
 太目。追走に手を焼く。ゴール前はそれなりに伸びていたが、ちょっと時間がかかりそう。




ピンナのコメントが楽観的過ぎて困る。日本人騎手と同様に受け取っていいものかどうか。上がり3ハロンの数字も直線入るまでに前と差を詰めた訳じゃなく、4角で後ろの馬の邪魔をして、大外に出してからなので、数字以上に残り1.5ハロンくらいで伸びていると思っていいんだろうけど。

直線だけの競馬だったので、続戦予定となっての距離延長。阪神マイルの新馬戦のように、道中スローになるようだともう少し追走は楽になるだろうけど。
 

マイネブラッサム(引退) | 23:33:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
勝ちパターンも
マイネフェリックス


7/3(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700 13頭
2着 マイネフェリックス 1.46.8(クビ) 37.7 476Kg +2Kg 2人気

丹内騎手「この馬の勝ちパターンの競馬に持ち込めたのだが、思った以上に勝った馬に粘られてしまった。少し間隔が空いた分もあると思う。叩いた次は間違いなく好勝負になる」




マイネフェリックス

勝ち馬も3着馬も降級馬だし、離れた4着以降とは実績通りの着差。このクラスでは力は最上位というのも再認識できた訳だし、何より休み明けや昇級戦がからっきしダメな血統で、これだけ走ったんだから上出来。

……なんて強がってみるものの、見に行っているんだからやっぱり勝ちたかったぜい。

パドックで一番最初に確認したのは、引いている人が誰かということ。BRFのプッシュに合わせて入厩する代わりに、担当も代わってしまうというが何度となくあった。ここ最近の結果出してくれている担当さんから変わっていたらちょっとヤバイかもなーと思っていたので、代わってなくてホッとした。

で、パドックの状態はこれまでみたいに首をブンブン振るような場面が少なく、昨年末からの好走パターンと比較すると、落ち着いているというよりはノンビリし過ぎ、という感じを受けた。

レースはいつもの通り。4角の手応えも良く、コーナーワークでツヨイキモチを突き放せたから勝ったと思ったんだけどなぁ。休み明けの分、弾け切らずに逃げ馬に差し返されてしまった。

今回でも十分好勝負だったけど、叩いた次は更にの期待は当然。ただ、中1週と中3週では牝馬限定が無くて、中2週の函館記念の日になりそう。自身はともかく、相手の馬と騎手のレベルはそう簡単に下がってくれそうはないかなぁ。
 

マイネフェリックス | 23:18:39 | トラックバック(0) | コメント(6)
課題だらけのデビュー戦
マイネブラッサム


7/2(Sat) 京都5R 2歳新馬 芝1200 9頭
6着 マイネブラッサム 1.10.9(1.3差) 34.2 454Kg 4人気

ピンナ騎手「おっとりした気性で前半はあの位置になった。直線ではいい脚を使っているように能力は高い。もっと距離があったほうがいいと思う」




マイネブラッサム

パドックでは落ち着きを見せるも耳があっちこっち向いていて集中していない感じ。小さく見えたけど、そこはまだ成長の余地があるかな。

デキはまずまずと思ったけど、返し馬を見て一気に不安になった。追い切り映像見て判っていたこととはいえ、とにかく頭が高くて推進力が無い。うん、これは走らなさそうだぞ。

レースはゲートをもっこり出て、返し馬で不安になったフットワークで出脚も付かず、3角からおっつけおっつけも推進力は変わらず置いていかれる状況。前と離れた後方2番手で、4角で鞍上がバタバタしてるのを見て直線はどれだけ負けるのかと半泣き状態だったけど、意外に直線は伸びてきた。全体的に上がりの速い競馬だったので、数字を強調できるわけじゃないけど、離れたところから2頭交わせただけでも最低限の収穫はあったか。

もちろん、距離云々じゃなくて道中の走りが改善されないことには勝ち負けは遠いんだけど、そこをクリアできれば何とかなりそうな気がする。なんとなく。とにかく現状は荒削りすぎる。

まぁ、これが2歳の夏で良かった、ということだろうね。使っていく中で改善を図るのか、一旦リセットするのかはわからないけど、この感じだと改善すれば追い切りの時計にも反映されそうな気がするので、しばらくは時計に一喜一憂しそうだ。
 

マイネブラッサム(引退) | 22:09:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
不安もあるけど
出走確定:
7/3(Sun) 函館7R 3歳上500万下(牝) ダ1700 13頭
マイネフェリックス 55.0 丹内祐次

マイネフェリックスは、3日(日)、函館7Rのダート1700mに出走します。稽古もつけている丹内騎手は「追い切りは併せ馬で5ハロンから67秒くらい。新聞には『強め』で載るかもしれませんが、余力がなかったわけではなく、ズブかったのはブリンカーを装着していなかったから。頭の良い馬。競馬と稽古の違いを理解していて自ら加減しているところもありますね。5月の新潟以来の競馬ですが、状態は良さそうですよ」と話していました。




追い切りの映像では反応鈍そうだったけど、ブリンカー着けてないんじゃ仕方ないよね。

って言い切って良いのだろうか……


小倉・新潟よりは相手揃っているけど、その前の阪神なんかと比べたら全然。動ける状態であれば、恥ずかしい競馬にはならないと思うけど、さて。
 

マイネフェリックス | 00:17:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
それなりの結果は
枠順確定:
7/2(Sat) 京都5R 2歳新馬 芝1200 9頭
5枠5番 マイネブラッサム 54.0 N.ピンナ

ブック短評:仕上がり良好
高島助手:筋肉質の体でいい雰囲気です。勝負根性もありますし、初戦から動けそうです。

マイネブラッサムは、2日(土)、京都5Rの芝1200mにピンナ騎手でデビューします。水曜日の最終追い切りは、3頭併せの真ん中で抜け出してクビ差先着したもの。70-40で直線だけしっかり追って負荷をかけました。吉田師は「併走馬が思ったほど動かず、抜け出してふわっとしてしまったようだ。でもデビューを1週延ばしてさらに良くなった。話題の父の産駒で馬っぷりも良く期待している。正直距離がもう少しあっても良いが、うまく流れに乗れれば対応できるはず」と話していました。デビュー勝ちを期待しています。




調教の通り、馬体を併せる形が好走の条件かな。頭は高いし追い切りの時計も平凡だけど、基礎の乗り込みは十分。勝ち負けまではともかく、ガッカリだけは回避したいね。
 

マイネブラッサム(引退) | 00:11:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。