FC2ブログ
 
■プロフィール

しんぷるわーど

Author:しんぷるわーど
No Limit. No Idea.



2005/02~2008/09まではこちら→Run Through the Turf

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■twitter

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これまでに比べればチャンスはあるはず
 
出走予定:
5/8(Sun) 新潟11R 新潟大賞典(G3) ハンデ 芝2000・外
マイネルゴルト ハンデ55.0 幸英明

5/4 栗坂 良 助手 54.7-40.3-26.8-13.9 一杯に追う




JRAレーシングビュアーで調教映像見たけど、一杯に追ってはいるけどムチは使ってないのね。神戸新聞杯の時なんかは以前の助手さんがムチもくれて目一杯追ってたので、昨夏と比べて時計が出てないことを心配する必要はこれなら無い、と思う。どっちかというと、ムチ入れて極端な反応されるのを避けてる感があるような。ムチに反応するのはレースだけで十分だからね。

一応、京都2歳Sからオープンのレースは走る度に(大きいとはいえ)着差は詰めてきた。逸走してヴィクトワールピサに2.7秒差から、休み明けでルーラーシップに1.5秒差、大外枠引いてローズキングダムに0.9秒差。軽くはないけど、挙げた相手に比べれば当然今回の方が落ちる。枠や新潟コースの適性がどうかという面があっても、もっと差を詰められるはずだと思っているが、どうだろうか。
 


 
ニュースその他のリンク

新潟大賞典 出走馬情報(JRA)
http://jra.jp/keiba/thisweek/2011/0508_2/pickup.html

マイネルゴルト(牡4・中村均)は、近4走で2勝3着1回4着1回と堅実な成績。ここにきて、本格化ムードを示してい る上がり馬だ。4走前に1000万下の許波多特別(京都・芝2200m)でダークシャドウ(のちの産経大阪杯2着馬)を半馬身差の2着に退けている。前走 1600万下の博多S(小倉・芝2000m)は、直線で狭いところから抜け出す勝負根性を発揮。これまでにない鋭い末脚を見せての勝利だった。今年に入っ て大きく成長した印象だけに、ここは試金石の一戦となる。


日経記者の目 新潟大賞典(GIII) 急成長タッチミーノット ハンディ生かせば
http://sports.nikkei.co.jp/keiba/info_nb.cfm?i=20110502c7002c7

マイネルゴルトは前回、博多Sを勝ってオープン昇格。1分58秒4は悪くない。4歳だが18戦を消化。ステイゴールド産駒らしく、使い込まれて力をつけてきた。ただ、4勝中3勝が小倉で小回りの方が向くか。


調教映像(JRAレーシングビュアー会員向け)
http://prc.jp/jraracingviewer/contents/training/meta/2011/0504/20110504051.wvx

 
マイネルゴルト | 00:48:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。